交通事故の代表的な症状

むち打ち症とは

むちうち症とは一時的に大きな衝撃がかかり、頚椎等を損傷する症状です。むちうちをそのままにして治療を行わないと、後遺症が残ってしまったりしますので、必ず早期治療しましょう。

 

【むち打ち症について】

むち打ち症は首の可動域を超えてしまい、関節・靭帯・筋肉が損傷してしまい、首や背中に痛みがでます。

 

 

 

 

【むち打ち症の種類について】

頚椎捻挫型

首の筋肉や靭帯などが損傷され、首、肩、背中の痛みや運動制限が起きる症状です。

 

神経根症状型

頚椎から出る神経が圧迫されることにより、首の痛みや頭痛、腕のしびれやだるさ、筋力低下するなどの症状です。

 

バレ・リュウ症候群型

後部交感神経の損傷や圧迫によって頭にいく血流が低下することで、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、眼の疲労…などが起こる症状です。

※後から症状が出てくることもあるので、まずは診断を受けることをおすすめします。

新着情報

一覧へ >
2018/07/06NEW
7月のお知らせ
キッススペース紹介 たてのブログ
キッススペース紹介 たてのブログ
骨盤矯正 料金表
患者さんの声 柔道部員募集