たてのブログ

2015.02.06更新

ある患者さんのおけがのお話。
先日、お花を買いに行った帰りに車止めの縁石に躓き転倒した
際に手を突き手首が痛いという、89歳の患者さんが来院しました。

初検時の症状



手関節全体に腫れ、手関節の運動制限、指の屈伸制限、皮下出血
手関節の付近の骨折を疑い顧問のドクターの先生に依頼し、
レントゲン検査の結果



前腕骨下端部(尺骨)の不全骨折と診断

とっても痛々しいです...weep

今回は、高齢・転倒した際に膝も強打・不全骨折(ヒビ)という事から
スダレ副子を用いて固定しました。

 

たての接骨院では、骨折などの治療も行っています。
症状にあった、適切な処置をし、顧問のドクターの先生にレントゲン検査依頼。
その後、患者さんの生活リズム等を伺い、一緒に考えながら
早期回復を目指した治療を心掛けています。

高齢者の方の「転倒・骨折」は寝たきりの原因の第2位と
いわれています!
原因は・・・

1 体内の水分が少ない(新生児80、成人が60、老人40~50)
2 骨が弱くなることが多い(特に閉経後の女性)
3 筋力などが衰え、骨を守るものが薄い  など・・・ 

おじいちゃん、おばあちゃんの世代はとても我慢強いです。
家族に心配かけまいとケガをしたことを黙っている人もしばしばsweat01
周りの方で誰よりも一番早く異変に気付くのは、家族のみなさんflair
日ごろからのコミュニケーションを大切にしてくださいhappy01


また、高齢者に多い骨折の症状は、

前腕骨下端部骨折(手首)
上腕骨上端部骨折(肩)
腰椎圧迫骨折(腰から背中にかけて)
大腿骨頸部骨折(股関節)  が多くあげられます。

上記の症状も、正しい診断と治療を行えば治すことが出来ます。
また日頃の簡単なストレッチをするだけでも転倒防止に
つながります。

これから暖かくなると、お外に出かける機会が多くなると思います。
もし骨折などをしてしまったら、ぜひ一緒に早期回復を目指した治療をしていきましょうhappy01


仕事などの関係で、朝や夜などの診療時間外をご希望される方も
できる限りご対応させていただきます!
お気軽にご連絡くださいね。





投稿者: たての接骨院

entryの検索

カテゴリ